有限会社エイコー印刷

エンドレスパターン印刷 ※独自開発技術

HOME / サービス紹介 / エンドレスパターン印刷 ※独自開発技術

エンドレスパターン印刷 ※極小ロット対応可能

一般のシール・ラベルと同じ発注感覚でご利用頂ける「100mからでもオリジナルロゴやパターンをエンドレスで印刷が出来る技術」を開発致しました。

 

 

 

 

シール・ラベルの印刷機では実現不可能であろうと思われていた、ロゴやパターンの印刷をエンドレスリピートで印刷出来る技法を開発しました。※上記ロールは実際に印刷した試作サンプルです。

 

 

 

 

実際に剥がしてみるとこんな感じになっています。このように、一定のパターンを繰り返して印刷することが出来るのですが、従来シール・ラベルの印刷機ではこのような印刷に対応できるとは考えられていませんでした。

 

 

 

 

というのも、シール印刷機は上記の様に四角の情報を繰り返していく印刷特性があるため、リピート柄を印刷しようとすると・・・

 

 

 

始点と終点を重複させなければならず、このようなカタチになってしまいます。※黒は1回目の印刷、青が2回目の印刷イメージです。

 

 

 

 

この赤丸の部分のカタチが上手くつなげていませんね。これは極端な例ですが、先述の通りシール印刷機は四角の面を繰り返していくので、このように継ぎ目を見せずに印刷することは難しいとされておりました。

 

 

 

 

今回当社が開発した技術では、リピート柄の継ぎ目が全く無いパターンの形成が可能になった点が新規性となっています。従来は数千mを要するグラビア印刷などが主流でしたが、この技術では100mのロールでも製作することが容易ですので、一般のシールを発注されるコスト感+α(仕様によって仕上げなどの加工費が追加になります)でお手軽にオリジナルロール製品が作成頂けます。

 

詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ頂ますよう、宜しくお願い致します。

Point

該当シール印刷に関するポイント

パターンのつなぎ目を感じさせない印刷方式の開発。

この記事に関連するサービス

高い品質をお約束するエイコー印刷の特徴

印刷会社としての色味や強度など、できて当然のことは当たり前に守りつつ、さらにニッチな部分でお客様のご要望にお応えし続けています。

0.01㎜単位の精密な見当精度

当社のオフセット印刷は、すべての点を滲み潰すことなく印刷しており、実績としてセキュリティ用マイクロ文字0.1mmの線を
0.1mm間隔で印刷
した事例もございます。
この正確で精密な表現こそ、当社の印刷技術が高く評価を頂く原点になっています。

「いいもの」を作る力 営業×技術者

営業も技術者もシンプルに「いいものを作る」という目的を共有しているので、人間関係は常に良好です。全社一体となってご依頼頂いた案件にお応えしていく当社ならではのチームワークは、お客様にご提供するあらゆるアイデアや応用技術の基となっています。

世界の高い基準にも対応できる、当社ならではの対応領域

同業他社からの依頼も多い当社の特徴として、カバーできる領域の広さがあります。酒類、食品、ファンシー、精密機器、特殊加工品に至るまで高レベルの案件にお応えしてきた実績がございます。
キャラクター関係ではWALT DISNEY社のFAMA認証(FACILITY AND MARCHANDISE AUTHORIZATION)、工業ラベル関係ではUL/cUL(CSA)を保有するなど、幅広い領域に対応し、高い評価を頂いているのも当社の特徴です。

Flow

印刷の流れ

一般的なシール印刷は勿論のこと、SP用途のアテンションシールや豪華な素材のシールまで何でもご提案可能です。
勿論、アイデアベースのご相談も大歓迎です。いいもの、一緒に作りましょう。

営業部

エイコー印刷の営業部は全員、製造経験者。
お客様の些細な疑問にも的確に答え、提案します。

実機校正※本生産とは別に費用が発生します

当社の色校正は基本的に実機校正となります。
色に特にこだわりたい場合は、是非ご依頼下さい。