有限会社エイコー印刷
スタッフブログ

未知の薄さ「グラファン」への挑戦

当社としては未知の領域への挑戦を本日も。

 

紙の中でも非常に薄い「グラファン」という紙への

印刷・加工案件をご依頼頂きまして。

早速シール印刷機で印刷・加工テストを致しました。

 

こちらがグラファン。封筒などの窓に用いられるほどの薄さ。紙なのにスッケスケ。

こんなにスッキリ手が透けて見えてしまうほどの薄さです。

 

オフセット間欠輪転機で印刷後、シート状に断裁仕上げという

印刷・加工の仕様としてはありきたりな内容だったのですが…
(印刷内容はお客様NGのため無地でのご紹介です。残念!)

 

機械に通紙してみたところ。
紙をまっすぐ通すためのガイドも紙が薄すぎて支えきれないし

バランスが崩れて蛇行した瞬間に紙にシワが寄ってしまうのです。恐ろしい。

 

これだけ薄い材料なので技術的なハードルの高さもピカイチでした。。。

 

紙を繰り出す機構でもシワが入り、

紙を強く引っ張れば破れ、

シートカットに落とせばふわりと浮いてカールし、

揃えようとすればフニャフニャ曲がり。。。

 

と苦労の連続でしたが、工場長の努力の甲斐あって何とか形になりました!

毎度ながら工場長ありがとうございます!m(_ _)m

 

最終はシートに落としての断裁仕上げ。

キレイに揃えるのは一苦労ですが、、、

また一つ技術の対応領域が広がりました!^_^

あとは本生産用材料の入荷を待つばかり!

 

加工にお困りの材料などございましたら、お気軽にご相談下さい!

勿論、一般のシール印刷のお問い合わせも大歓迎です!

 

加工工程を模索中の図。

次から次へと降り掛かってくる課題を一つずつクリアして

今回も何とかカタチになりました。ほっ。