先輩インタビュー:検査部 検査担当 松山 琴美

HOME > 先輩インタビュー > 検査部 検査担当 松山 琴美

現在のお仕事の内容を教えてください。

検査部スタッフとして、お客様のもとに届く前の商品の最終チェックをしています。
不良品がないか、汚れがついていないか、ミスがないかを検査機を使って検品しています。
最後の工程を担当する私たちが見逃したミスは、そのままお客様のもとに届いてしまうという緊張感はありますが、
責任をもって確かな商品をお客様にお届けするための大切なお仕事だと思っています。

入社してからずっと検査部で働いているのですが、最近は仕事領域を広げて、納品伝票を発行するなど、
事務系のお仕事もお手伝いしています。

エイコー印刷に入社を決めたキッカケは何ですか?

私は小さい頃からものを作ることが好きで、ものづくりの何らかのカタチで携わりたいという漠然とした思いはあったものの、
前職は雑貨屋さんで販売や仕入れなどの業務についていました。
雑貨屋さんでは、商品がそのまま販売できる状態で納品されていて、日々店頭に陳列していたのですが、
ある日「この商品が仕上がるまでの製造工程はどうなっているんだろう?」と、ものづくりについての好奇心が沸いてきたんです。

雑貨屋さんからの転職を考え始めた時、タイミング良く弊社の求人募集を見かけて、応募したんです。
実は高校時代に弊社のインターンシップに参加していて、シールやラベルをつくる仕事って楽しそうだなという印象が残っていました。求人を見つけた時は ”インターンの時の会社だ!” とちょっと驚きました。(笑)

エイコー印刷ってどんな会社ですか?

高校時代のインターンシップの経験で職場の雰囲気は何となく分かっていたのですが、私も高校生の頃のイメージだったので、
大人が真剣に働いている空気感に少し怖い印象がありました。
当時は年齢差もありましたし、学生の目から見ると職人気質の方が多いイメージをもっていたんです。
でも、実際に入社してみると、全くそんなことはなかったですね。みなさん気さくで、話しやすい感じです。
休憩のときも他の部署やオペレーターさんたちと話をして、みんな気さくにコミュニケーションを取っています。

残業も殆ど無く、平日でもプライベートの時間はしっかり確保できるので、働きやすい会社だと思います。
そのおかげで、プライベートでは高校時代から続けている弓道を今も頑張れているんですよ。

辛かったこと、嬉しかったこと、
心に残っているエピソードを教えてください。

大きな機械に触れる経験が今までなかったので、最初は機械操作が怖かったですね。
もし壊してしまったらどうしよう…と思いながら仕事をしていました。
汚れやミスがあると、貼り替えや不良品の除去などの対応に追われることになります。
貼り替えの際は、上下左右逆にシールを貼っていないか、類似品が多い場合は類似製品が混入しないかなど、
私自身のミスがないように気を遣うので、あまりにも数が多いときはお客様のためとはいえ、ちょっと心がくじけそうになりますね。

反対に、嬉しいときはキレイに仕上がったシールを目にしたときですね。
チェックを終えたシールがどんどん積み上がっていく光景は、すごく達成感があります!

では、仕事を通じてやりがいを感じる部分はどこですか?

旅行が好きで色んなところに遊びに行くのですが、
たまたま行った旅行先で納品したシールやラベルが
貼られた商品を見かけたときは、
ぐっとテンションが上がってしまいますね。

旅先で見かけたものが嬉しくて、
会社のお土産として買って帰ったこともあります。

スーパーでのお買い物中にも自社製品を見かける機会が頻繁にあるので、「こんな風に貼られているんだな」って製品が完成された姿を見るのはすごく嬉しいです。
これは他の会社にはない楽しみですね。

エイコー印刷の魅力は何だと思いますか?

入社したときに、「家族みたいだな」という印象を持ちました。
一般的に、経営陣や上司にはなかなか意見しづらいところがあると思うんですが、弊社は上司や先輩とも距離が近くて、
相談しやすい環境ができているんです。
何か行き詰まったり悩んでいることがあっても、突き放さずに親身になって助けてもらえるんです。
そういうところが、この「家族感」を生んでいるような気がしますね。

それから、社内できちんとステップアップをしていけるのは大きな魅力だと思います。
前職は、ステップアップできても店長止まりでしたし、結婚や出産などの転機があると退職するのが自然な会社でした。
弊社は産休制度を活用した人も多くて、結婚して出産を経て戻ってくることができますし、本来の仕事以外でも、
自分がチャレンジしたければどんどん挑戦させてもらえるんです。


今、私自身も検査部のお仕事だけではなく、発送伝票や納品書の発行など、事務系のお仕事に少しずつ挑戦しています。
自分のできる仕事領域を少しずつでも広げていって、会社を支える柱のような人材になりたいと思っています。

これからエイコー印刷に入社する方へ向けて一言!

産休制度がしっかりと整っていることもそうなんですが、 男女が平等にチャンスを与えられる会社って、 そんなに多くはありません。
弊社は、その数少ない会社のひとつだと思います。
自分のやる気、学びたいという気持ち次第で、
どんどん成長できる会社だと思います。


弊社に入社した際には、
是非このチャンスを活かしてほしいですし、
自分の能力を磨き上げて、会社にとって
唯一無二の存在になってもらえたらと思います。

INTERVIEW MOVIE

検査部 検査担当 松山 琴美のインタビューを動画でご紹介しています。